施工実績 Works

オオツカクオリティ

防鳥ネット設置標準仕様│オオツカクオリティ│長く継続する施工

防鳥ネットの設置には、防鳥ネットを直接プレートに固定する工法などもありますが、プレート本体の経年劣化等により 外れてしまう可能性がありますので、弊社では防鳥ネットの設置標準仕様として、ステンレス製ワイヤー・ステンレス製 Cリングを使用し、良好な効果を長く継続する施工を行っております。

防鳥ネットは
安心の日本製品

建物庇軒裏(屋根裏)に設置する防鳥ネットは、品質に優れた国内生産品を 使用し、外部の雨・風・紫外線などにさらされる箇所においても10年以上良 好な状態を保ちます。主にポリエチレン単線ネット(色:ブラック)が主流と なり設置しても目立つ事なく、交差に結び目の有る有結節になるため、ほつ れません。

耐久性の高い支持金物

設置方法として、防鳥ネット施工範囲の形状に合わせて、額縁状に腐食しにくいステンレス製ワイヤーを取付けます。
また、額縁ワイヤーの支持金物は、可能な限りステンレス製を使用し、アンカー留め・クランプ留め・ビス留めを基本とし、下地の状況に合わせて取付けます。
額縁状にステンレス製ワイヤーを取付ける事により、ワイヤーに対し均一にテンションが防鳥ネットにかかり、負荷を分散させる事で壁面との隙間をなくし、 小鳥などの侵入も防ぎます。
これにより細やかなネットの張りの微調整が可能となり、将来的にネットが外れたりする事を防ぎます。

長期間メンテナンス不要

取付けた額縁ステンレス製ワイヤーに、防鳥ネットをステンレス製Cリングでかしめ結束します。
オオツカ工法、オリジナルのステンレス製Cリングでの結束は、経年劣化が進む樹脂製の防鳥ネット結束プレートと比べ、 腐食しにくいステンレス製のため長い 期間外れる事なく、防鳥ネットを結束する事が可能となり、 美観も良く設置 する事ができます。

大切な建物を守ります

その他、樋や電気BOX・配管などへの停滞・営巣には、被害状況に応じて防鳥剣山・防鳥ワイヤーなどを設置し、 最適な防鳥対策を行い建物全体を守ります。

鳥は生まれた巣への執着がとても強い生き物です。
そのため、停滞させない・巣を作らせない・増やさない 対策をする事が最善の方法となり、 その後の建物内部への侵入を未然に防ぐ事に繋がります。

施工実績

工場の周囲や、仮置きしている製品が糞で汚されるなど、清掃業務が増えたので対策をしたいとのご相談でした。
調査したところ、工場大庇上部に設置してあるキュービクルと大庇折半屋根との隙間に長い期間、鳩の営巣がみられました。
それにより工場周囲に鳩が増え続け、糞の被害も増えておりました。
防鳥対策として清掃・洗浄後、防鳥ネットを設置し営巣を防いだ事で、この箇所で鳩が増える事はなくなり、 屋根に堆積する糞や樋の詰まりも改善し、これで防鳥対策工事は完了となりました。

1

工場の大庇上部に設置してあるキュービクル周囲に鳩の営巣がありました。糞の堆積から見て、長い期間営巣を繰り返し、鳩の個体数が増えていったと考えられます

2

堆積した糞の清掃を行いました

3

清掃 施工中 屋根や軒樋に堆積した糞は、雨水の流れを堰き止め、乾燥を遅らせ錆の発生など経年劣化を進めます。また衛生的ではありません

4

清掃 施工中

5

堆積した糞の清掃完了

6

清掃後、高圧洗浄を行いました

7

洗浄完了

8

洗浄完了

9

トリカットネット20設置 施工中

10

トリカットネット20設置 施工中

11

トリカットネット20設置 施工完了